フットサル タイムズ


お問い合わせ
フットサルタイムズトップへ - ニュース
2007/06/24 19:41:27

神戸 5?3 カンカン/関西リーグ速報


本日、6/24(日)、東淀川体育館で行われている、関西フットサルリーグの第6試合目は、神戸がカンカンに勝利。

芦屋と神戸の合併チーム、AFC神戸がカンカンとシーソーゲームを制した。

先制はカンカン。中央のパスミスをカットした?米良がドリブルで持ち上がりそのままシュートが決まって、1?0。

神戸は9分、中央フィクソの位置の?久保河内と左?前田で2度のパス交換。その後、後方に戻るドリブルから振りぬいた?前田のミドルが豪快に決まって、1?1。

さらに神戸は12分、今度は右サイドの?小池がシュート。ディフェンダーに跳ね返ったボールを再び?小池がシュートで押し込み、2?1と逆転して前半を折り返す。

神戸は2つのセットを4人ごとに入れ替えて戦う。カンカンは(カウンター狙いか?)引いて守るため、ボールはほぼ神戸が支配した。

後半もこの構図は大きく変わらず。シュートやパスの跳ね返りも神戸が拾い、神戸の攻撃が続く場面が目立つ。

23分、神戸は再び?小池が今度は左サイドからミドルシュートを決めて、3?1。しかし粘るカンカンは27分、ゴール前にボールを送ると?がゴレイロと交錯してそのままゴールへ。2?3と詰め寄ると、31分にはキャプテン?吉川が決めて、3?3。ついに同点に追いつく。

しかしカンカンの粘りはここまで。

34分、神戸は鮮やかなパス回し。最後は?久保河内がペナルティエリアのライン付近から、トゥで突き上げたシュートが決まって、4?3と再び勝ち越し。

35分には、?久保のファーサイドへのグラウンダーに、?上田がスライディングで飛び込む、クリーンなファー詰めで5?3。

ミドル、ロング、パスで守備を乱してのシュート、ファー詰めと多彩なゴールパターンでゴールを重ねた神戸。2チームの合併で主力選手が寄せ集まったからか?どこか自信も漲るゲーム展開で、難敵・カンカンとの兵庫ダービーを制した。




勝ち越しゴールの神戸?久保河内がガッツポーズ。


最後は?上田が見事なファー詰めでトドメを刺した。









SPORTS LIFE eight-fut エスペリオ京都フットサルクラブ
稲沢フットサルスタジアム 調整さん
清立商工株式会社 バナー広告募集中 バナー広告募集中 バナー広告募集中