フットサル タイムズ


お問い合わせ
フットサルタイムズトップへ - ニュース
2007/06/24 18:16:37

ジョイ 5?3 高槻松原/関西リーグ速報


本日、6/24(日)、東淀川体育館で行われている、関西フットサルリーグの第5試合目は、ジョイが高槻松原に勝利。

実力差(「差」という文字が抜けてました。たいへん失礼しました!)があるとは思えない両チーム。再びジョイの勝負強さを思い出してしまう試合となった。

フィクソの2枚、大谷真一と大槻がケガでチームを離れていたジョイは、試合開始、ピヴォの大谷 純一がフィクソに入るまさかの布陣。

しかし逆境に強いジョイらしく、メンバー全員が守備の意識が高まったか、高槻松原の正確なパス回しにも耐える。

一方の攻撃も冴えた。6分、やや左サイドの?長束が前線のピヴォ?大谷に当て、大谷が落ち下ボールを、足裏で押し出すトラップで中央に進み、マークをずらしてシュート。これが決まってジョイが先制。

さらに8分には、またもピヴォ当てから。中央?長束が?大谷に当てると、反転してマーカーをかわした?大谷はカバーに来たゴレイロをループで抜くファインゴール。ピヴォ当ての"お手本"のような2ゴールでジョイがリードを奪う。

9分にはコーナーキックを再び?大谷が決めて、3?0。この決定力はどこから来るのか?ジョイが簡単に(見えてしまう)ゴールを決めて、リードを広げる。

直後にタイムアウトを取って仕切りなおした高槻松原は、12分、中央でボールを受けた?永山が(こちらも)ループシュートで1点を返す。

残り24秒、ジョイはまたも?長束が中央やや右よりの位置をドリブルで進んでゴール前逆サイドに送ったボールに?馬場がスライディングで飛び込んで、4?1と再びリードを広げるが、残り10秒、高槻松原は(こちらも決定力がある)?中西が右45度のシュートを決めて、2?4。前半はジョイが2点をリードして折り返す。

後半はこう着状態が続き、試合が動いたのは終盤。

38分、高槻松原はまたも?中西が右サイド、タッチライン付近からのミドルシュートを叩き込んで、3?4と一点差に詰め寄る。

ジョイは39分、カウンターから。ゴレイロが素早くフリーで駆け上がった?長束にゴールスロー。ゴレイロと2対1となると、?長束はゴレイロをひきつけて右の?大谷へ。?大谷が難なくこれをゴールに流して、5?3。

高槻松原は39分、ジョイ6つめのファウルで第2PKを得たが、?三好のシュートは再三の好セーブを見せていたジョイゴレイロ?斉藤がブロック。

5?3。リーグ終盤であれば、優勝争いの試合となっていたであろう試合は、ジョイに軍配が上がった。


体格を使ったプレーだけでなく、器用なプレーもこなすように成長してきた?馬場。


素晴らしいボディバランスとボールコントロールを見せる?長束。彼のプレーを見ているだけでも楽しい。


ジョイ応援団の横断幕。大谷兄弟はまさに「勝負師」。









SPORTS LIFE eight-fut エスペリオ京都フットサルクラブ
稲沢フットサルスタジアム
清立商工株式会社 調整さん バナー広告募集中 バナー広告募集中