フットサル タイムズ


お問い合わせ
フットサルタイムズトップへ - ニュース
2018/02/18 22:05:36

Super Sports XEBIO第18回F地域チャンピオンズリーグ準決勝速報


Super Sports XEBIO第18回F地域チャンピオンズリーグ準決勝速報

 Super Sports XEBIO第18回F地域チャンピオンズリーグの決勝ラウンドが2月18日、名古屋市の武田テバオーシャンアリーナで開かれている。

準決勝第1試合は連覇を目指す東海第1代表の名古屋オーシャンズサテライトと、九州第1代表のラブレッタ福岡の対戦。名古屋オーシャンズは16、17日の予選ラウンドのグループCで3連勝した。通算25ゴールを積み重ね、準決勝に駒を進めた。ランブレッタは来季F2リーグ参戦の広島F・DOに勝利し、混戦のグループAを2勝1敗で抜け出した。

ゴレイロ盡政顕、ガブリエル・ワシントン・ルイス、橋本優也、笠井大輝、脇山蓮という「Fリーガー濃度」の高いファーストセットを組んだ名古屋サテが序盤からペースを握る。4分にセカンドセットのキックインから水谷颯真が中央から左足ミドルを決めて先制すると、7分にはCKからポスト脇にポジショニングした脇山がプッシュして追加点。45秒後には左サイドでルイスと笠井が相手を囲んでボール奪取し、脇山がフィニッシュ。前半からゴールを重ねた名古屋サテが5対2で勝利した。ランブレッタは残り2分を切ってから武田彰、大久保太陽がゴールを奪い意地を見せた。

続く準決勝第2試合は、ミキハウス、ファイルフォックス府中、D.C Asahikawaに3連勝した東海第3代表のMEMBER OF THE GANGと、前日の最終試合でPSTCロンドリーナと引き分けて勝ち残った東北代表MICALO SENDAIが対戦した。

MOTGは開始後29秒の日下敬夫の先制ゴールを皮切りに前半から優位に試合を進め、後半4分まで4対1とリードを広げる。だが、ここからMICALOが大逆襲。ペナルティエリア少し外のFKを小原謙吾が直接蹴り込むと、直後のキックオフから伊藤尚人が決めて1点差。26分には門間聖矢が前線で強さを見せて相手DFとの競り合いを制し、同点ゴールを決めた。

追い込まれたかに見えたMOTGだったが28分、エース大谷純一が起死回生の勝ち越しゴール。右サイドでボールを持った木村雄一が縦に仕掛けて折り返した強いパスを、点で合わせるナイスゴールだった。MOTGは残り5分からのMICALOのパワープレーを何とか耐え抜き6対5で勝利。チーム初の地域チャンピオンズリーグ決勝進出を決めた。

午後3時からの決勝は名古屋オーシャンズサテライトとMEMBER OF THE GANGによる、初の「東海対決」となった。

【準決勝】
▼名古屋オーシャンズサテライト 5-2 ランブレッタ福岡
4分 水谷颯真(名古屋サテ)
7分 脇山蓮(名古屋サテ)
7分 脇山蓮(名古屋サテ)
11分 新田駿(名古屋サテ)
31分 ガブリエル・ワシントン・ルイス(名古屋サテ)
39分 武田彰(ランブレッタ)
40分 大久保太陽(ランブレッタ)

▼MEMBER OF THE GANG 6-5 MICALO SENDAI
1分 日下敬夫(MOTG)
2分 門間聖矢(MICALO)
7分 木村雄一(MOTG)
14分 大谷純一(MOTG)
21分 大谷純一(MOTG)
25分 小原謙吾(MICALO)
25分 伊藤尚人(MICALO)
26分 門間聖矢(MICALO)
28分 大谷純一(MOTG)
39分 大谷純一(MOTG)
40分 小原謙吾(MICALO)



ファーストセットのピヴォを務めた名古屋サテ脇山


攻守ともにフィットしてきた名古屋サテ・ルイス


先制ゴールを挙げた名古屋サテ水谷


持ち前の突破力でチャンスを作った名古屋サテ笠井


攻守の切り替えが速い名古屋サテ。カウンターを仕掛けるランブレッタ吉田を新田と磯村が追う


落ち着いたボールさばきでチームをけん引したランブレッタ藪内


準決勝第2試合。開始直後にMOTG日下がゴール


貪欲にゴールを狙うNOTG大谷純一


MOTGに今季加入した元Fリーグ湘南の中村


東海リーグのレジェンドの一人、MOTG木村


こちらは東北のレジェンド。MICALO崎山はパワープレーでも活躍


MICALOはFリーグ花巻、仙台でも実績のある小原が最後尾でチームをまとめる



フットサルの日程調整ツール 調整さん

M's FUTSAL eight-fut バナー広告募集中
稲沢フットサルスタジアム バナー広告募集中
エスペリオ京都フットサルクラブ バナー広告募集中 清立商工株式会社 バナー広告募集中