フットサル タイムズ


お問い合わせ
フットサルタイムズトップへ - ニュース
2017/08/07 02:46:20

選手名鑑を作って、関西フットサルリーグをもっと盛り上げたい!



15年の歴史を誇る関西フットサルリーグは、これまで多くの日本代表選手を輩出してきました。 しかし近年は、実力のある選手が沢山いるにもかかわらず、関西からFリーグ、日本代表にステップアップしていく選手が少なくなってきたように感じます。そこで、関西のフットサルを盛り上げるため、選手名鑑を作ります!

盛り上がっていた関西フットサルリーグ

関西フットサルリーグは、Fリーグ発足以前には国内屈指の実力を誇るリーグとして、数多くのフットサル日本代表選手を輩出してきました。上位チーム同士の好カードには500人を超える観客が詰めかけ、立ち見が出るほどの超満員になることもしばしばあり、確かに盛り上がっていました。その陰には、選手名鑑の存在が盛り上がりを後押ししていたのではないかと感じます。


2005年から作られた選手名鑑

フットサル専門誌が選手名鑑をはじめて発刊したのは、2005年のことでした。
国内2大地域と言われた関東と関西の全選手を網羅した地域リーグの選手名鑑は、リーグ観戦の必携バイブルと呼べるほど、観戦者はみんな、その小冊子を片手にフットサル観戦に熱中したものでした。

当時の日本代表監督、セルジオ・サッポ氏が選手選考の視察に関西リーグを訪れた際に、その選手名鑑を見ながら関西の逸材を探す姿は、とても印象的でした。


2017年の現在はといえば・・・

2007年にFリーグ(日本フットサルリーグ)が始まって地域リーグが国内最高峰ではなくなってから、徐々に地域リーグの露出は減ってきました。関西リーグの選手名鑑も、2013年の専門誌の付録を最後に、刊行されていません。


アスリートは見られることで成長する

観客の存在は、確実にアスリートを成長させるはずです。見られることで、選手はより良いパフォーマンスを見せるために努力するでしょう。その結果、チームは強くなり、リーグのレベルは上がります。それが、メディアによる露出を増やしたり、より多くの観客を呼び込んで、好循環を生むでしょう。その好循環のための一つのアイテムとして、選手名鑑を作りたいのです。選手名鑑があることで、より選手やチームのことを観客の皆さんに知ってもらいたいのです。


資金の使い道

資金は紙面作成費・印刷・製本費・素材費・人件費・交通費・送料などの通信費に充てます。余剰金が出た場合は、今後ウェブ版も制作していきたいのでその費用に充当したいと思っています。


リターンについて

リターンは基本的に選手名鑑の冊子そのものと、その冊子への氏名掲載とさせていただきます。(もちろんご希望なら非掲載とさせていただきます。)


選手名鑑への広告掲載について

なお、企業様におかれましては1口10,000円からのご支援をいただけますと、冊子内に広告を掲載させていただきますので、別途メッセージを添えていただければ幸いです。

関西フットサルリーグ2017 選手名鑑


フットサルの日程調整ツール 調整さん

M's FUTSAL eight-fut バナー広告募集中
稲沢フットサルスタジアム バナー広告募集中
エスペリオ京都フットサルクラブ バナー広告募集中 清立商工株式会社 バナー広告募集中