フットサル タイムズ


お問い合わせ
フットサルタイムズトップへ - ニュース
2009/12/21 09:40:11

来季に期待したいフュンフとジョイの最終戦/関西Lレポ


関西フットサルリーグ 2009 第11節(最終節) JOY×funf bein

日時:2009年12月11日(土)
会場:西宮市中央体育館


最終戦も勝利で飾れなかったJOY。再び優勝争いに絡む、何かキッカケが欲しいところだ


選手が抜けても安定した戦い方を見せていたフュンフバイン。こちらも何かもうひとつ、決め手が欲しい

 優勝した近鉄と、高槻松原の地域CL出場が決まり、お互い"大きな目標"を失った中での戦い。それでも一つでも順位を上げるべく、お互いの持ち味を出した試合となった。

 先制はジョイ。17:47 8.大槻のゴールで先制。
 その後均衡が続くと、08:51 フュンフは早くも4.岩川をゴレイロにパワープレーに出た。すると 08:12 左から6.綾見の折り返しが、ディフェンダーに当たって入る、ラッキーなゴールで1−1の同点に。

 しかしジョイも07:21 パワープレーを続けるフュンフの裏をついて、4.中本が勝ち越しゴール。負けじとフュンフも05:25 10.山地が左サイドから決めて、2−2の同点。両者譲らず。ジョイが先行しながらも、フュンフが喰らいつく展開で、同点で折り返す。


 後半に入ると徐々にペースを握ったのはフュンフ。

 後半立ち上がりのジョイのチャンスを防ぎ、均衡状態となっていた 14:59 左サイドを抜け出した10.山地が2点目のゴール。3−2。逆転でフュンフがリードを奪う。

 07:00 フュンフはカウンターから、10.山地が左に流して、18.及川が浮かせたボールを5.音羽がヘッドで押し込んで、4−2。

 ジョイがタイムアウトを取り、1.牧野にゴレイロを交代、パワープレー気味に出るも、追加点はまたもフュンフ。06:15 ジョイ11.馬場からボールを奪って、フュンフ18.及川がゴール。5−2とさらにリードを広げた。

 しかしジョイも粘りを見せる。

 04:49 4.中本が中央から右に流れつつ放ったシュートが決まって、3−5。01:07 には、ゴレイロから左11.馬場につながったロングパス。受けた馬場が決めて、4−5と1点差にまで迫る。

 しかしジョイの反撃はここまで。最後はフュンフが逃げ切って、3位の座を確保した。敗れたジョイはリンドバロッサ、ドリームに抜かれて、今季は7位となった。


 「勝って終わりたかった」とはフュンフ・木村監督。「開幕節の(事務)ミスが残念でしたが、いい形で終われました。来年はいいことがあるでしょう」と早くも来季に気持ちを切り替えた。ジョイについては「勝負強いので3点差でも気を抜けなかった」と振り返り、優勝した近鉄については「優勝に相応しいチーム、攻撃力がずば抜けている。いなして、いなしてシュートができる。ウチもああいうフットサルがしたい」と称えた。
 しかし1位・近鉄、2位・高槻松原の両方から、唯一、勝ち星を挙げたのがこのフュンフだ。「近鉄戦についてはタイミングが良かったのでしょう。向こうはメンバーが万全じゃなかった。高槻松原戦に関してはプラン通りで、"してやったり"の試合でした。そういう戦いを、シーズン通してできればいいのですが、相手もあることなので、フットサルは難しいです」とコメントを残した。



"6.綾見の居る試合では負けない"というジンクスはこの日も守られた。フュンフに欠かせないバランサーだ


キレのある動きを見せていた10.山地。全国の舞台でも、そのプレーを見せつけれるまでになって欲しい


大物感溢れるジョイの5.下本


勝ち越しゴールを挙げた10.山地




5点目を挙げた18.及川。これがフュンフの決勝点となった


しぶとさを見せたジョイ。しかし反撃が遅かったか・・・


レポート・写真:北谷 仁治

関西フットサルリーグレポート




SPORTS LIFE eight-fut エスペリオ京都フットサルクラブ
稲沢フットサルスタジアム
清立商工株式会社 調整さん バナー広告募集中 バナー広告募集中