フットサル タイムズ


お問い合わせ
フットサルタイムズトップへ - ニュース
2009/12/18 11:08:35

関東リーグ13節 ゾット×フトゥーロ戦レポート


関東フットサルリーグ 2009 第13節 FUTURO×ZOTT WASEDA

日時:2009年12月12日(日)
会場:府中市総合体育館


フトゥーロに対し、したたかな戦い方を見せ、着実にゴールと積み重ねていたゾット


2−8の大敗。それでも最後まで"魅せる"フットサルができる稀有なチーム・フトゥーロ

 降格の危機に立っているフトゥーロ。それでも"自分たちのスタイルは崩さず"といった戦いぶりか?対するゾットは的確にカウンターのチャンスを活かし、無理攻めをしない、したたかな戦い方を見せた。スタイルを追求するフトゥーロと、勝利を追及するゾットのコントラストを描いた戦いのように映った。

 ゾットは 16:53 右キックインから、ディフェンダーが飛び込んできたところを前に押し出すトラップから、22.米谷がシュートを決めて、1−0。11:52 には、16.清野からのパスがディフェンダーの裏に通って、2.松田が懸命に伸ばした足で押し込んで、2−0。試合の主導権を握る。
 ゾットはゲームコントロールに対しても気を配った。これまで先行しても、油断して相手にペースを与えてしまう失敗を繰り返してきただけに、10:19 2点をリードしながらも早めのタイムアウトで「ここからだぞ」と再確認して、試合に挑む。

 これが功を奏したか?ゾットは 07:35 右サイド15.肥沼が左サイドの裏に送ったボールを走り込んだ4.荒木が決めて、3−0。フトゥーロが4.渡辺のミドルなどでリズムを掴みかけていた時間帯を耐えて、逆に追加点を奪った。

 フトゥーロは 02:26 23.石関が左サイドへのパスを匂わせておきながら右にディフェンダーをかわす好プレー。そこからパスを受けた5.上村 信之介がループで狙ったが、ゾットゴレイロ1.杉山がセーブ。フトゥーロはこうして時折、個のアイデアと技術で決定機をつくるものの、チャンスがゴールに結びつかなかった。

 逆にゾットは 01:03 またも裏に抜け出した5.丸山に9.小笹からのパスが通って、4−0。前半で大きくリードを奪ってハーフタイムを迎えた。


 後半 14:23 フトゥーロはブロックで滑ったディフェンダーのハンドがエリア内で取られてPK。ゾット5.丸山がこれを決めて、5−0とリードが広がる。フトゥーロは6.松田を入れてパワープレーに出る。

 フトゥーロは左サイド前線にキープ力と高精度なラストパスを配球できる5.上村 信之介を配置。中央ゴレイロの松田から、上村へ。あるいは一旦左サイドの23.石関を経由してから、縦の上村へ。ここで上村がディフェンダーやゴレイロをひきつけておきながら、逆サイドの4.渡辺、あるいは3.上條へラストパスを送る(というより"贈る"という字が正しそうな優しいパスを出す)のが狙い。

 しかし決定機をうまく決められないのもあって、12:48 カットされたボールをゾット21.秋山に決められ、6−0。07:57 にも、22.米谷に追加点を奪われ7−0と試合は決してしまう・・・。

 しかしフトゥーロは不思議なチームだ。

 0−7ともなれば、試合を観る気も失せるものだが、フトゥーロの場合は、5.上村や4.渡辺のスーパープレーが飛び出すのではないかと、まだ試合への興味を失わせない。
 そんな期待に応えるかのように、07:13 ゴレイロに入っている6.松田からライナー性のパスが来て、それを5.上村が倒れこみながらボレーで押し込み、場内が湧く。「シンノスケ、オレ!」すかさずフトゥーロ応援団もエールを送る。

 その後は、01:29にゾット23.石関、00:19にフトゥーロ15.肥沼がそれぞれ1点ずつを追加し、最終的には8−2の大差で、ゾットがフトゥーロを下した。


 「フウガは負けないと思う。ウチは地域CLを目指してやっていきたい」と語ったのは2位・ゾットの16.清野。「いつも油断して失点することが多かった」ことからタイムアウトを早めに取ったことに触れ、そこから「3点、4点と取れた」ことを喜んだ。
 フトゥーロに対しては「引いて守る相手を崩すのはうまいので・・・」と、普段は基本、守ってからカウンターを狙うスタイルながら、この日は前からも積極的にプレス。「フトゥーロを疲れさせた」と語ったとおり。再三の裏への抜け出しに、フトゥーロディフェンダーがついてこれない場面から、多くの得点が生まれていた。
 最終節はアルティスタと対戦。「勝てば地域CL。プレッシャーもあるが、楽しみながら戦いたい。アルティスタとは一緒に昇格したライバルとしても、最後まで勝負を楽しみたい」と締め括った。





フトゥーロのパワープレー。"上村シフト"とも言うべき、意図のあるパワープレーだった


やはり違いのあるプレーを見せてくれる、レジェンド・5.上村 信之介


それでも得点を重ね、試合を制したのはゾット。堅実な判断・プレーもフトゥーロと対照的だった



関東女子プレリーグ アマレーロ/峰FC


関東女子プレリーグ ボルボレッタ フットサル


関東女子プレリーグ ドルチェ ダ ドンナ


関東女子プレリーグ ファンレディース


レポート・写真:北谷 仁治

地域リーグ レポート 2009




SPORTS LIFE eight-fut エスペリオ京都フットサルクラブ
稲沢フットサルスタジアム
清立商工株式会社 調整さん バナー広告募集中 バナー広告募集中