フットサル タイムズ


お問い合わせ
フットサルタイムズトップへ - ニュース
2009/12/17 13:51:21

関東フットサル2部リーグ・第8節5/田代 由美子


9月19日 関東フットサル2部リーグ・第8節 5

○第五試合 KASHIWA TOR’08 2-1 NOVO MENTE

〜得点経過〜

9分、NOVO12番・鬼沢秀弥

39分、KASHIWA9番・特手翔平

39分、KASHIWA14番・大竹和希


(序盤戦はTORがゲームの主導権を握ったがゴール前での決定力を欠き、NOVO12番・鬼沢選手に先制点を奪われる)


(ゴールこそならなかったが強烈なシュートを度々放つNOVO20番・寺沼選手。)


(ピンチの局面、前に出てシュートブロックするKASHIWA1番GK・渡辺選手)


(NOVO1番GK・長谷川選手。両チームともシュートまで持ち込むも、ゴレイロの好セーブの前になかなかゴールを奪えない)


(終盤、パワープレーに出たTOR。残り時間20秒・8秒とエース特手選手の活躍でゴールを奪い、劇的な逆転勝利!)

■KASHIWA TOR’08・渡辺良太選手のコメント

うちは今日勝たないと優勝の可能性が無くなってしまうという状況で、何としても連勝したいという気持ちでした。勝って次に繋げることができたので、とにかく良かったです!
ゾーンディフェンスの相手用に攻撃の練習をしてきたんですが、なかなか思うようにできなくて、真ん中が使い切れませんでしたね。
じれったい時間帯が多くて相手のカウンターが増えてしまいました、そこは反省しなくてはいけませんね。失点は僕のミスもあったので、何とかそれ以上失点しないように頑張りました。
いつもはパワープレーはしないんですが、練習でも4・5回しかやったことが無いパワープレーを今日はやりました。今日は絶対に勝ちにいくというということで、最後負けていたら、僕は足技が無いので攻撃の人数を少しでも増やしたいのでやりました。
パワープレーの攻撃には問題がありましたけど、相手が疲れてきて運動量が減ったこともあり、効果はあったのかなと思います。とにかく勝ちたいという思いで、必死でしたね。
相手のゴレイロの長谷川選手はよく当たっていて、こちらのシュートをだいぶ止められていました。こっちが1点以上取られたら、それ以上の得点を奪うのは厳しいと感じるほど、相手ゴレイロが素晴らしかったです。
パワープレーをしなくてはいけない状況にはなりたくない・できればやりたくないですけど、堅いゴールをこじ開けるには攻撃に人数をかけるしか手が無いなと思いました。僕自身は足技を持ってないのでパワープレーは出来ないですが、スローなどから攻撃の起点になれるように意識はしています。スローのスピードや精度はまだまだ悪いですけど、少しでも攻撃の手助けができればいいですね。
後の4戦、しっかり全部勝って、優勝もしくは入れ替え戦に行けるように頑張りたいと思います!!


写真:田代 由美子

過去の田代 由美子レポート




SPORTS LIFE eight-fut エスペリオ京都フットサルクラブ
稲沢フットサルスタジアム
清立商工株式会社 調整さん バナー広告募集中 バナー広告募集中