フットサル タイムズ


お問い合わせ
フットサルタイムズトップへ - ニュース
2009/12/16 14:41:48

クロタロ奈良降格か?リンドバロッサに大敗/関西Lレポ


関西フットサルリーグ 2009 第11節(最終節) CROTALO奈良×リンドバロッサ

日時:2009年12月11日(土)
会場:西宮市中央体育館


最終戦を飾ったリンドバロッサ。来季はより安定感ある戦いを見せて欲しい


降格か否かは、延期分・神戸大学×だいふとうの結果待ちとなったクロタロ奈良

 クロタロ奈良としては、勝てばほぼ残留が決まる試合。逆に引き分け以下だと、降格の可能性を残してしまう試合。しかしリンドバロッサに力負け。関西リーグ、奈良県唯一のチームが、降格の危機に立った。

 17:22 リンドバロッサの先制ゴール。19.大谷 純一 → 5.定野とつなぐ。ゴレイロが中の折り返しを警戒したところ、定野は外にボールを舐めて、空いたコースに流し込む。定野の冷静なゴールで、1−0。リンドバロッサが先制。

 クロタロ奈良は 09:10、右から12.長谷部 智のシュートは、リンドバロッサゴレイロ12.政岡が弾いたが、左サイドに流れたボールをクロタロ奈良の巨漢ピヴォ15.中村がダイブ。ヘッドで押し込んで1−1と試合を振り出しに戻した。

 その後のクロタロ奈良はゴレイロから、ロングスローの投げ入れが目立ち、得点の気配は薄い。リンドバロッサの方は19.大谷 純一、4.松岡のシュートがポストを叩くなど、チャンスを掴みながらも追加点が遠い展開。前半終了間際にも、18.相井と、4.松岡がポストプレーからチャンスを掴むがシュートは枠を捉えず。前半は1−1で折り返す。


 後半も先手を奪ったのはリンドバロッサ。しかもまたも定野の冷静なゴールだった。18:34 ゴレイロを良く見て、向かって右に空いたコースを見逃さなかった。

 その後もリンドバロッサはゴレイロ12.政岡のレーザービームなどでチャンスを掴むも、ラストパスの精度が低く、決定的チャンスは少ない。

 追加点はセットプレーから。10:08 コーナーキックの浮き球を、逆サイドから18.相井がワンバウンドボレーでゴールに突き刺して、3−1。

 05:58 タイムアウトを取ったクロタロ奈良は13.長谷部 亘をゴレイロに入れてパワープレーに出たが、完成度が低く、裏目に出る。03:34 にゴレイロ12.政岡が決めて、4−1。01:11 にも13.北江が自陣から、ゴロで決めて、5−1。00:49 には25.柴峠がパスコースに詰まったところを9.安光が奪って、6点目。クロタロ奈良のパワープレーの拙攻から、3点を追加したリンドバロッサが、6−1と、大きく差をつけて、最終戦を飾った。


 内容は「めちゃくちゃ悪かった」とはリンドバロッサの内田監督。「経験豊富なファーストセット。能力の高いセカンドセット。セットの組み方も変えた。紅白戦ではファーストセットが勝るが、試合になるとセカンドセットの方が力強い」と首をかしげる。「点を取れるパスを出せるか出せないかが、近鉄との差」とは正しい指摘だろう。まだまだ4人全員が連動して、意思統一してゴールに向かうという点では、物足りなさを感じてしまう。
 「ラッキーでした。パスが良かった」と謙遜したのは冷静な2ゴールを挙げた5.定野。「関西リーグはダメでしたが、全日本選手権は関西予選が残っている。勝ち抜けばFのチームとやれるのでモチベーションは高い。これまではパワープレーで崩されていた点も修正できてきた。今日も点差を詰められず、逆に点を取れたのが良かった」と試合を振り返った。

 だいふごうからリンドバロッサに移籍していたのが4.松岡 吉紹。「リンドバロッサは同じ京都のチームですし、目標としてきたチーム。だいふごうとして、リンドバロッサと対戦して勝ったことで、だいふごうでは"やり遂げた感"があったんです。今度はチームとしてではなく、個人として目標を追いたいと思った。リンドバロッサは、デウソン神戸との関係も近いですし、Fリーグへの近道だと思いました。FUGAがいい例で、全日本に優勝した後、Fリーグに何人も選手が入りました。甘い考えかもしれませんが、自分としてはサテライトやセレクションを受けに行くよりも、誘ってもらえるような選手になりたいと考えています。今度の全日本選手権には、絶対出場したい」と強い決意を語った。

 「結果を待つしかない」と結果を重く受け止めたのはクロタロ奈良13.長谷部 亘。「パワープレーはしたくなかった。十分に追いつける状況だと(個人的には)思っていたが、『パワープレーをしよう』と言う奴も居て、することになった。試合としては悪くなかった。個としては向こうが上の中、それなりにディフェンスができた。全日本でも当たる可能性があるので、切り替えてやっていきたい。関西リーグから落ちてしまうのはある程度仕方が無い。もちろん、残れれば嬉しいが、残れたとしても苦しい状況は変わらない。今は若い選手が練習に来ない。全員が同じ方向に向いていない。自分もプレイングマネージャーという微妙な立場。ホンマの監督なら、もっとミスに対しても厳しく言うと思う。今はどうしていいか悩みますね。年々悩んでいます」と苦しい胸のうちを吐露。「奈良にはニースという奈良育英のOBが集まった、昔のリンバロのような能力の高いチームも出てきていますが、まだウチに取って代わるようなチームは無い」と奈良フットサルについてまで憂いは及んだ。



12.長谷部 智ら、関西リーグで個が通用する選手が限られてきたクロタロ奈良


ロングスロー投げ入れが目立ったクロタロ奈良。確立が低かっただけに、別のオプションも用意したいところ


Fリーグを目指し、だいふごうからリンドバロッサに移った4.松岡


この日からワールドカップの試合球「JABULANI」が使われた


苦しくなったクロタロ奈良。13.長谷部 亘にかかる比重は大きい


レポート・写真:北谷 仁治

関西フットサルリーグレポート




SPORTS LIFE eight-fut エスペリオ京都フットサルクラブ
稲沢フットサルスタジアム
清立商工株式会社 調整さん バナー広告募集中 バナー広告募集中